★プレミアムフライデー★05.25.FRI 全品ダブルポイント!!
  1. HOME
  2. Journal 2018 Summer
  3. BIOPLE LIFE 第二弾

for BIOPLE LIFE 生活習慣を改善する2018年に。 第2弾マインド改善 2018年、ビープルは「生活習慣改善」と題して、様々な生活シーンに合わせたケアをご提案していきます。

  • for BiopleLife 第1弾 睡眠
  • for BiopleLife 第2弾 マインド改善
  • for BiopleLife 第3弾 美容法改善
  • for BiopleLife 第4弾 食生活改善
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

栄養コンサルタント
エリカ・アンギャルさん

「ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント」として世界一を目指す美女たちの食生活を指南されてきたエリカさんから、自分を好きになるためのHAPPYメッセージ

モデル
橋本 麗香さん

心の断捨離、「ありがとう」の受け取り能力…
笑顔の素敵な橋本さんならではの考え方にハピネスマインドのヒントがたくさん

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
エリカ・アンギャル さん ミス・ユニバースジャパン公式栄養コンサルタント
として活躍するエリカ・アンギャルさんに訊く 「ラブ・ダイエット」 栄養コンサルタント エリカ・アンギャルさん Interview / 栄養コンサルタント エリカ・アンギャルさん
Speake / Biople by CosmeKitchen ディレクター 佐藤 香菜 ※BIOPLE FES vol.6で開催された
 エリカ・アンギャルさんのトークショーの内容です。
佐藤 エリカさんといえば、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして世界を代表する美女たちの食生活を含む心身のトレーニングを指南されてきたということで多くの女性から絶大の指示を得られていますよね。まずはエリカさん自身について少しお伺いできますか?
エリカさん ありがとうございます。私はオーストラリア、シドニー生まれで、15歳の時に大分県日田市に1年間、交換留学をした経験もあります。帰国後、健康科学や栄養学、予防医学を学び、2004年から8年間「ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント」として候補者を指導しました。ただ痩せれば綺麗になるのではなく、何を食べたら綺麗になるのか?ということに重きを置いて指導していました。
佐藤 そうなんですね。しっかりと考えられたエリカさんの綺麗になるためのメソッドには私も興味津々です!さっそくですが、今回のテーマの「HAPPINESS MIND(ハピネスマインド)」なので、エリカさんご自身が幸福感を感じるために心がけている、「自分が自分でいることに心地よさを感じるための4つのHow」の中から「How you love」をテーマに話を掘り下げてお伺いしたいと思っています。
エリカさん はい。よろしくお願いします!
佐藤 エリカさんは、2017年10月に「ラブダイエット」という本を出版されていますね。
この本の帯のところに「5秒ハグすれば、食べ過ぎない」とあるのですが、とても興味深い部分なので、こちらも合わせてお話を伺わせてください。
『ハグがもたらす効果は想像以上』とあるのですが、こちらはどういったことなんでしょうか?
エリカさん オキシトシンをご存知ですか?
日本では別名「幸せホルモン」と呼ばれているものです。
スキンシップとしてハグをすることで、このオキシトシンが分泌されることが分かっています。
このオキシトシンは気持ちを落ち着かせたてくれたり、よく眠れるようにしてくれたり、食欲を抑えたり、肌の老化を防いでくれることも解明されているんですよ!
佐藤 わあ、すごい効果ですね!
エリカさん そうなんです。魅力的ですよね♪
ただ、どれだけオキシトシンをあげても、ストレスがそれに優っていたら意味がないんですよね。
佐藤 ストレスは誰にでもあるものだと思いますし、そのお悩みは近年増え続けていると思います。わたしたちの店舗にもお疲れ気味の女性がとても多く来店されます。
女性のお悩みに向き合ってこられたエリカさんが、これからの課題だと思われている点を教えてください。

まずは『最愛の人の身体に接するように自分の身体を扱いましょう。』とありますが、どういう風に自分の身体を大切にしたらいいんでしょう?
エリカさん そうですね。
女性は最愛の人のためなら、無条件でその人のことを思いやって、望むことを叶えてあげたいと、自分でも気づかないうちに自分を後回しにしてしまうところがあると思うんですね。
だけどこれでは、いつまでたっても自分自身が完璧に満たされることはないんです。
自分の身体は一つしかないんですよね。
だからこそ自分の身体をもっと大切に考えて、愛をたくさん注いであげてください。
佐藤 たしかに自分を後回しにしてしまうところって、ありますよね。
たくさん愛を注いであげることが大切なんですね!
続いて「自分の時間を楽しむことに罪悪感は不要」ということなのですが、、、
エリカさん そうですね。
人は自分のための時間がないと、疲労や不満を溜め込むようになって心のバランスを失ったりします。
そんな風にならないように、5分でも10分でもいいから「自分だけのご褒美時間」を作ることが大切なんです。
例えばヨガをやったり音楽を聴いたり、自分が心地よいと感じる、リラックスできる時間があればいいんです。

決して自分勝手な時間ではなく、周囲に良い影響を与えるためのセルフメンテナンスの一つ。
だから決して罪悪感は必要ないんです!
佐藤 たしかに自分を慈しむ時間に、罪悪感は必要ないですよね!
そして「スケジュールにあなたのための時間を」とありますが、これはどんなことでしょうか?
エリカさん セルフケアは内側にも外側にも大切なことなんですね。
免疫機能を高めてあげたり、ポジティブになったり、ストレスと向き合うことができるようになったりするんです。
具体的なセルフケアとしては、ヨガをしたり、ソファの上で本や雑誌を読んだり、お風呂にゆっくり浸かったりと、さまざまです。
セルフケアの専門家は、1日20分こうした時間を取ることを勧めています。
自分に余裕を持つことができるようになれば、周囲の人にもその余裕を分け合うことができるようになりますよ。
佐藤 そうなんですね。
最後は「空っぽのカップからは何も注げません」ということですが、空っぽのカップとはどんなことですか?
エリカさん はい。
空っぽのカップからでは何も注げないですよね。。
現代人は家族や子ども、親の世話に仕事などと、さまざまなことで時間に追われていて、疲労感と睡眠不足にさいなまれています。
特に日本人の他者を思いやる精神は素晴らしいと思いますが、セルフケアできていなければ、満足のいく「他者へのケア」はできないですし、逆に周りに悪影響を与えてしまう可能性もあります。

だから自分のケアを優先して、自分のカップに「自分自身を充電」=愛を満たしてあげてください。。
あなたの心と身体がしっかりと充電されて満たされれば、周りの人にとっても良い結果がもたらせるのです♡
佐藤 自分を満たしてあげるということってすごく大切ですよね。
「ラブダイエット」は見出しを見た瞬間、とっても興味がわきました!よく、お客様や友人に痩せたいのに食べちゃうんです」「異常なほど甘いものが食べたくなる」なんて相談されると、ただ食欲の問題ではないような気がしていて...
エリカさん 健康はトータルアプローチで、ハグをしたり、毎日10分でも自分の時間を作るようにすることなど、これまでお伝えしてきたことは、全部すごく重要なんです。
あとは姿勢を整えるとストレスホルモンのコルチゾールが25%減り、自信を司るテストステロンというホルモンが20%アップしたというデータもありますし、深呼吸をするのもいいと思います。
リラックスできる姿勢で目を閉じ、ストレスを全て吐き出すように5秒息を吐いたら、深くゆっくり5秒吸うようにして、これを5分続けるとリラックスできると思います。

日本の女性は自分より周りの人を優先させることが美徳とされてきましたが、これからは自分を好きになること、自分を満たしてあげるということを優先してみてはいかがでしょうか。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
橋本麗香 さん モデル・女優として活躍する橋本麗香さんに、
心の断捨離、「ありがとう」の受け取り能力、
ハピネスマインドな考え方をお訊きしました。 「私らしい笑顔のつくり方」 モデル 橋本麗香さん Interview / モデル 橋本 麗香  さん
Speake / Biople by CosmeKitchen ディレクター 佐藤 香菜 ※BIOPLE FES vol.6で開催された
 橋本 麗香 さんのトークショーの内容です。
佐藤 今回はBiople夏のテーマでもある「ハピネスマインド」について麗香さんにお話を伺っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
麗香さんのインスタグラムを拝見していると、フォロワーさんからマインドのかなり深いところでのお悩みが寄せられていて、、、
まるでお悩み相談室のようになっているのですが、その質問のひとつ一つにすごく丁寧に答えられているのが印象的です。
麗香さん 今回はBiople夏のテーマでもある「ハピネスマインド」について麗香さんにお話を伺っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
麗香さんのインスタグラムを拝見していると、フォロワーさんからマインドのかなり深いところでのお悩みが寄せられていて、、、
まるでお悩み相談室のようになっているのですが、その質問のひとつ一つにすごく丁寧に答えられているのが印象的です。
佐藤 ストレスをリカバリーするみたいな、心のストレスケアみたいな質問ですよね!
お返事の内容や、ハートマークをたくさんつけて返信されているのを拝見して、ひとつひとつのコメントを大切にされていて、
とても素晴らしいなと思いました!
麗香さん ありがとうございます。
質問をくださる=”絶対によくなりたい”と思うからこそのアクションだなと思っていて。
かつ、身近な人には相談できないことかも、とふと思うことがあり、ひとりひとりの気持ちを大切にしたいと常に思っています。
それにみなさん前向きな方がすごく多いので、私も元気をもらってるんです♡
佐藤 素晴らしいですね!
麗香さんがいま考え方や、それに至った経緯を教えていただけますか?
麗香さん 私は基本的に、小さい頃から人の心に対して好奇心旺盛なところがありました。
10代から20代までは、色々な心の変化がありましたが、特に20代までは”外に求める”ことが多くて外から幸せがやってきて、
外がなんとかしてくれるという意識が強かったなーと。
でも24歳くらいの時、最終的に大切になのは”自分の心の持ちようだ”ということに気がついたんです。
自分の心が本当に幸せだと感じなければ、いくら外から幸せなものがきていても、
それをパーフェクトに受け取ることができないんですよね。
これに気づいた時に「あ!だったらそれを完璧に受け取れる自分になろう。その自分はどういう風に作るんだろう?」と考えたんです。
そこでたどり着いたのが、自分の中の無駄を排除していく「心の断捨離」です。
佐藤 「心の断捨離」!もう少し詳しく教えてほしいです。
麗香さん 例えば、手放すっていうことは洋服もそうだと思うのですが、なんか着ないけど持っていたいものってあるじゃないですか?
でもそれって実は不要だったりするんですよね。= ただの執着だったり・・・
これは心でも同じことが起きてると思っていて。
小さいころからのトラウマだったり、大人になるにつれ、常識にとらわれた色んな感情のインプットが不要だと気付きました。
クローゼットを整理するように、自分の思考の中やハートの中も一回整理することで、
スペースができる感覚があり、新しい有意義なインプットができるんです。
そこから自分の心が喜ぶこと、に意識を向け始めることができました。
「大切なのは自分が心から好きだと思えること。」「いいことの積み重ねが幸せに生きることにつながる。」
これだけを、持っていればいいと私は思ってます。
佐藤 なるほど。「心の断捨離」に麗香さんの考えるコツはありますか?
麗香さん もちろん「心の断捨離」は自分自身を知るために向き合わなければいけないので、辛いし大変な作業でした。
でもそこはその感情を一回認めてあげる、受け止めてあげることで、整理できる(=手放す)ようになりましたよ。
佐藤 ありがとうございます!
他には何か今の麗香さんの考え方の根本にあることはありますか?
麗香さん あとは「セラピー美容」ですね!(笑) 私はメイクをコロコロ変えるのが大好きなんです。
メイクをする顔って、自分自身の自己表現をできる場だと思っていて。
女性として生まれたからこそ、メイクをもっと楽しみたいと思っています。
今日は1日すっぴんで過ごそうとか思う日は、あえて自分の気持ちをあげるために
ちょっと色を取り入れてあげたりして鏡を見るんです。
毎日、ちゃんと鏡を見て自分を褒めてあげる行動がすごく大切なんですよね。
それ目の前にいる方が褒めてくださっているのに、「そんなことないです」っていうのは、
相手が褒めてくれたことを否定してしまっていることだから、勿体無い。
そこは「どうもありがとう」と受け取ることも受け取り能力だから、この受け取り能力も常に意識しています。