1. HOME
  2. 記事
  3. タイ・チェンライ紀行、続きます。
読みもの
タイ・チェンライ紀行、続きます。

タイ・チェンライ紀行、続きます。

2018.07.06

コスモス食品さんの工場を見学したあとは、大きな農園へ!
これに乗って移動です!


(よいしょ…っと。)
けっこう急な斜面を登っていくのだけど、見た目のワイルドさに反して安心感ある乗り心地にホッ。
農園はほぼ、山1つ分くらい。山のかたちや植物の色は、どことなく日本に似ていてなんだか癒される景色でした。農園の一番高台にある屋根付きのスペースでランチをご用意いただきました。


(現地スタッフの皆さんの手作り。パッタイに串焼き、美味しかった!)

自然豊かな場所なのでハエも多く、実はご飯を食べながら多数のハエさんと格闘(笑)むしろ私たちが自然界にお邪魔しているみたいなものなので致し方ないんですよね。
最初は手で払ったりしていたものの、だんだん平気になってきて(笑)!少しくらい食べ物の上に止まろうが気にならなくなってきた私たち。美味しくランチをいただきました。
日本に住んでいるとなかなか無い経験をするのも海外ならではで、それを受け入れて楽しんじゃう!みたいな精神って開放的で楽しいものです。まあ、ハエを好きになることはないけれど。


(ネイチャーフューチャーファーム。ヨガができるスペースもあるんですよ♪)

原料となるハーブや野菜などの一部もここで作られています。もちろんすべて無農薬!
私たちが畑にいる間も急なスコールがあったり、気温が急上昇したり、この自然界のパワフルさが植物を育てているのです。

このあと移動したのは、かの有名な「シンハービール」が運営するテーマパークへ。
グラスまでキンキンに冷えたビールは新鮮で、美味しい!の一言。ご当地グルメにはやっぱりその土地で作られたビールが合いますよね。
このレストランで食べたいのが「お茶の葉の天ぷら」です。お茶の葉ってこんなにも美味しいんですね…。ピーナッツも入っていて香ばしく、日本に戻ったら作りたいと思ったところで、生の茶葉が手に入るわけでもなく…。チェンライに行ったら絶対におススメの一品です。


(みんな大好きシンハービール)


(これがお茶の葉の天ぷら!右にある辛いサラダを混ぜても。)


(奥に見えるのは茶畑)

もう一つ、チェンライでおススメのスポットがあります。
オシャレな地元っ子や観光客にも大人気のカフェ「チーウィット・タマダー」
おそらくチェンライの中では一番オシャレなお店であることは間違いない!
大きな川沿いにある洋館がカフェになっていて、店内ではアンティークのカップ&ソーサーや帽子なども販売されています。







タイ料理もいいけれど、スパイシーじゃない優しい味わいと素材の良さを美味しくいただけます。
チャーハンが詰められたパイナップルや、リンゴのスライスを美しく重ねたサラダも。





ボリュームたっぷりだけど甘すぎないケーキや、ドリンクの種類も豊富!
ヴィーガン向けメニューももちろんあって、タイの食文化の幅広さと、野菜たっぷりのヘルシーさを実感します。
そういえば…、タイではあまり肥満の人を見かけなかった!
なんで太った人が少ないの?と、現地在住の日本人の方に聞いてみたら驚愕のお返事が返ってきました。
みなさん「ソムタム」をご存知ですか?日本でもタイ料理屋さんでも注文できる青パパイヤの千切りの辛いサラダ。
なんでも現地では、そのソムタムにもたくさんの種類があるそうで、加熱していない生の蟹を丸ごとすりつぶしたものを混ぜたりするそうです。
それを食べると「100%寄生虫を飼うことになるよ」と…!寄生虫がお腹にいるから太らないとか。真偽のほどは不明ですが、実際に現地に住んで同じ食生活をしていた日本の方が、帰国後検査したら本当に飼っていたなんてこともあるそうです(笑)
究極のダイエットだけど、ちょっとね…。と思いつつ、「生の蟹が入っていない」安全なソムタムに舌鼓を打つのでした。


次回はタイのオーガニックスーパーについて、です!
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

読みもの一覧へ戻る