1. HOME
  2. 記事
  3. タイのオーガニックスーパー
読みもの
タイのオーガニックスーパー

タイのオーガニックスーパー

2018.07.23

海外にいったとき、必ずチェックしてしまうのはオーガニックスーパー!職業病でもあるけど、みなさんもハワイに行けばホールフーズマーケットなどをチェックしてしまいますよね。国によって異なる食文化は、見ているととても楽しいものです。
美味しいかどうかもわからない食品を見た目だけで選び、購入してみて、美味しかったり激マズだったり…なんていう経験も旅の醍醐味。

今回は店長4人と共に、こちらのオーガニックスーパーで大フィーバーしました(笑)
お店に入るなり買い物カゴを持ち、買う気満々のスタートとなりました。


こちらがレモンファーム!
バンコクで10店舗を構えるオーガニックスーパーです。


ハーブティーをはじめとするお茶類の品ぞろえは、さすが東南アジア。
レモングラスのお茶やローズヒップの実が丸ごとのお茶など、暑い国にはぴったりなラインナップが並びます。
ハーブの種類が多くて、選ぶのが楽しい!そして、日本円で200~300円でひと箱買えてしまうので、お土産としても。

無農薬ライチがこんなに入って、500円くらいです。信じられない安さなのです。
他にもパイナップルやランブータン、珍しいフルーツの数々は、フルーツが高価な日本からすると本当にうらやましい限りです。


こちらはコスメコーナーの一部。
タイのコスメはハーブ使いが絶妙。やっぱり多いのはレモングラスがブレンドされたもの。レモングラスは「イネ科」。タイはお米がとれる国ですし、イネ科は育ちやすいのかもしれません。防虫効果もあるので、暑い国ならではの虫対策にも重宝されているようです。




ビープルでも大人気のエコストアのホームケアプロダクトはタイでも販売中♪さっぱりとした植物の香りは万国共通で人気なようです。


店内にはカフェが併設されていて、オーガニックのフルーツがたっぷり使われたスムージーやジュースが飲めます。
コールドプレスジュースが一杯300円ほど。うらやましいの一言。


お買い物後の1枚。満面の笑みを浮かべて。オーガニック製品にかこまれるということ=幸せな満足感。


私が買ったものの一部はこちらです!
青い花「バタフライピー」のシャンプー&コンディショナー、初めて発見しました。東南アジア原産の花で、花が蝶々に似ているマメ科の植物なので、蝶々(バタフライ)+豆(ピー)という名前らしいです。抗酸化作用を持つアントシアニンという成分を多く含み、エイジングケアにはぴったり。ヘアケアに入っているということで、頭皮や髪のエイジングケアにも役立ってくれそうです。
他にも、ハーブや米(!)が入ったミトンの形をしたボディスポンジや、マンゴーやジャスミンのお茶、レモングラスの茎でできた「つまようじ」など。
バンコクでのショッピングの際にはぜひ、この「レモンファーム」行ってみてくださいね!

次回は、タイの味覚、トムヤムクンについてです!